>  > 21-1-E 内抜きエキストラクター 12-16mm 21-1-E KUKKO 1個

21-1-E 内抜きエキストラクター 12-16mm 21-1-E KUKKO 1個

21-1-E 内抜きエキストラクター 12-16mm 21-1-E KUKKO JAMES 1個 OSG

ズーム ダウンフォースサス 1台分 ルクラ L465F KF-VE H22/4~ 4WD サスペンション | メイン | 2016年9月26日 »

2016年9月23日

2016年9月23日 (金)

KUKKO 内抜きエキストラクター 1個 KUKKO 21-1-E 21-1-E 1個 12-16mm


▲大手拓次詩集 神保光太郎編 白鳳社 青春の詩集12 1965年





大手拓次詩集 原子朗編 岩波文庫緑133−1 1991年

大手拓次は、
生前に詩集が発刊されることはなかったが Moto MPH モトエムピーエイチ テールランプ KAWASAKI ER6 クリアー 【TAILLIGHT KAW ER6 CLEAR [2010-1022]】、
ボードレール「悪の華」に影響されたその象徴詩は、
北原白秋や萩原朔太郎に絶賛される。
29歳でライオン歯磨の宣伝部に勤務、
以後会社勤めのかたわら、
香水瓶を並べた下宿の一室で詩作に没頭。
難聴や頭痛に悩まされ STING R&D スティングアールアンドディー FRP製アッパーカウル カラー:ホワイト GPZ1100 空冷車用、
詩壇とのつきあいに乏しく、
作品の発表にも積極的でなく、
独身のまま47歳結核で死亡。

  あなたはもう迅うに世間の推賛を受けていなければならない人なんです。
  室生君も萩原君も出て了ったではありませんか。

と、北原白秋からの手紙にもあるのだが・・・。






娶らざる詩人 大手拓次の生涯 生方たつえ 東京美術 1973年
 表紙カバーはないのでその内表紙。



▲扉写真の詩人の風貌

その大手拓次36歳の秋 ZRX400(04-) 6ベントハンドル アップハンドルセット フルメッシュセットハンドル交換に必要なパーツが揃ったお得なセットです!ZRX400(04-)/ハンドルセット/アップハンドルセット/アップハンドル、
入社してきた女子社員山本ちよ(Yさん)に一目ぼれ。
11月16日初対面。
12月15日「初めてYさんの声をきいた」と日記に記し、
「こえ」という詩まで書く。

  かすめさりたり こえなれど
  とはにきえじ
  とはにきえじ
  ああ そのこえの
  かなしきまでに こひしかり

人づてに「Yさん」が電車で哲学概論を読んでいたと聞けば自分も買って読む。

  1月4日
  今日初めてYさんとくちをきいた。
  新年のあいさつをされたので、私もかへした。

  2月9日
  Yさんに「青猫」と「詩と音楽」新年号をわたした。
  「あげます」といふをりがなかった。

37歳にもなりながら、
本を貸す以上の行動に出られなかった含羞の詩人。
あげるつもりだったのに、それさえ言えない。
自分の本が彼女の部屋にある、
それだけで嬉しかったのに、

  2月20日
  Yさんに本を返された。
  かなしかった。
  一日中さびしくって、
  しようがなかった。
  あとで、洗面所であったから
  「お返しにならなくてもよかったのに」といったら、
  ほほえんでいた。
  さびしい、さびしい。

残された日記を中心に、
歌人生方たつえが綴る、
短くせつない、
乙女のような詩人の恋。





女優 山本安英 宮岸泰治 影書房 2006年





新版 歩いてきた道 山本安英 埼玉福祉会 大活字シリーズ 1990年
(底本 未來社刊「新版 歩いてきた道」)

そのYさん、山本ちよは、
ライオン歯磨退社後「築地小劇場」の創立に参加、
新劇の基礎を築き、
「築地小劇場」解散後は、
戯曲「夕鶴」の37年間1037回公演でも知られることになる、
のちの大女優、山本安英(やすえ)である。

美内すずえ「ガラスの仮面」の月影千草先生は、
安英がモデルだという。

でも、正直なところ山本安英さん、
写真を見る限りそんなに美人とは思えない。
詩人からは、
「Yさんは私の生涯のうちで最も印象の深い人。
 最も美しい人。最もふさはしい人。
 否真実のひと。」
と賛美されているが・・・。

芯の強い、
きっぱり、さっぱりした気性の女性だったようだ。

上記「娶らざる詩人」の著者
生方たつえさんは晩年の山本安英に逢う機会があり ルノー ラグナ ワゴン GH-GF4 205/55R16 品番:2309WD イエティスノーネット WDシリーズ タイヤチェーン 非金属 イエティ スノーネット 205/55R16 2309WD、
拓次のことを訊ねてみると、

  あの方が、あのようにお思い下さっていることを、
  若いころの私はちっともうけとれないでいまして、
  申しわけないことをした、とそう思いますわ。

という返事だったそう。





わが青春の薔薇座 千秋実・佐々木踏絵 リヨン社 1989年(装幀 真鍋博)

千秋実は黒澤映画でもおなじみの俳優。
先日ブログにも書いた「昨日、悲別で」の
悲別ロマン座の館主。
佐々木踏絵は女優で千秋の奥さん。

戦後日本の焼け跡の中、
大衆から遊離した「新劇」を離れ、
庶民のための「現代劇」をやろうと、
千秋実を座長に若者だけで立ちあげた劇団「薔薇座」。
その喰うや喰わずどころか、喰わずや喰わずの奮闘記。

金銭欲にまみれた人間もまとわりつくが、
無償の応援を惜しまない人もいる。
ロッパにも縁の深い菊田一夫ほか、
宇野重吉、殿山泰治、大宅壮一、黒澤明、
ほか多数の関係者が実名で登場するが、
その悪口も遠慮なく書いているのが面白い。

ロッパ日記にも見られる往時の浅草のガラの悪さ、
興行主達のタチの悪さ、
散々な目にあう九州公演、
小説を読むように面白い。

新劇への反発から始まった薔薇座だが、
千秋もその最初の出発点は築地小劇場で、
芸名千秋実の名付け親は 【メーカー在庫あり】 大西測定(株) OSS 平形精密水準器(一般工作用)100mm 201-100 JP、
なんと当時幹部だった上述の山本安英。

安英の芝居に感服し内弟子にしてくれと申し出たが断られ、
「じゃあ、せめて芸名をつけてください」と頼んだそう。

  何日後か、勝治が稽古場の前にくると、
  二階の窓から山本が顔を出した。
  「チアキさん!」
  と呼ぶ。
  勝治は自分のことではないと思うから、
  まわりや後を見回したがそばには誰もいない。
  山本はニコニコして、
  「チアキミノルさん」とまた呼ぶ。
  勝治は人さし指で自分の鼻をさした。
  僕のことですか、という表情だ。
  〃僕のこと〃だった。
  稽古場に入っていくと、
  改めて紙をもらった。
  「千秋實」と書いてあった。




ということで 、
偶然手にした大手拓次詩集から、
山本安英、

、千秋実へと、
グルリ一回り。

いずれも図書館から借りてきた。
ほとんどは閉架から。
図書館がなかったら読めなかった本、
いやあ、図書館は有難い!


投稿時刻 17:32 | 個別ページ | コメント (2)

Powered by Six Apart
{yahoojp} {burantei.blog.bbiq.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-70317